<< 回想〜 「富士登山」その | main | 「夏の工芸学校」に参加します >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
「富士登山」 その
1年前の富士登山回想録その

登り始めて3時間
山小屋に到着
宿は7合目と8合目の中間位に位置しています。

この宿は富士山大好き登山経験豊富な友達が予約してくれました。

富士山に登るにはいくつかの登山ルートがありますが
私たちが登った吉田ルートでは
7合目から9合目にかけて山小屋が20軒程建っています。

お昼から登るプランだと、なるべくその日のうちに登っておきたいので
上にある宿から順番に電話をかけまくり予約してくれたそう。

そこはやはり世界遺産に登録された年。
上の方はもう満員で、何とかこの宿に1泊することができました。


夜ご飯はカレーライス
こんな場所であたたかい食事ができることがありがたい



次の日の朝食用にパンやバナナやカロリーメイト等の軽食が渡され、
食後に宿の支配人から、頂上を目指す為の注意点や
出発のタイミングについてお話がありました。


1年前の記憶なので完璧には思い出せませんが
こんな感じ↓

・ツアーの方々はご来光を頂上で見る為に21、22時頃出発します。
そのころはとても混み合うので、頂上で見なくても良ければ
時間をずらしてゆっくり出発するとよい

・頂上に行くに従って酸素が薄くなるので、いまのうち深呼吸をして
酸素を沢山取り込んでおきましょう

などなど・・・


食後は夕焼けをみたり、深く呼吸をすることを心がけながら
のんびり山小屋で過ごしました

宿では携帯も充電できましたよ






そして数時間仮眠

出発前には星空鑑賞〜

頭上には見たこともない数の星が輝いてました


AM1:30 遅れて到着した富士山のエキスパートと合流し出発!

真っ暗な中、ヘッドライトだけを頼りに
足場の悪いゴツゴツした斜面を歩きます

実はこれが一番怖かった・・・
自分が転んだら後ろの人達みんな巻き添えだ〜
っと思いながら慎重に登りました。



おもしろかったのは
肉体的にかなり限界が来ている時に
流れてくるキロロの曲

「ほ〜ら〜♪足元をみ〜てごらん・・・」

どこかのガイドさんが登りながらこの曲をかけていて

大声で励ましの言葉をかけてくれるのです。

しばらくするとまた流れてくる
いちばんきつかった時にこれはかなり笑えた


そしてAM4:45
ご来光〜!!!(3400m地点にて)


それまでは
Tシャツ+フリース+防寒着上下に軍手でフードもかぶらないと
動いていても寒かったのに
太陽がでてきたら、みるみる空気が暖かくなるのを実感

太陽ってほんと凄い


そしてまた出発

遠くに下山し始めた人々の列が見えます。




9合目にさしかかると一気に空気が薄くなり
疲労感が倍増

一歩一歩 気力で登ります。


そしてAM7:00
標高3776m
山頂到着!!!



その 山頂お鉢めぐりへと続く・・・



| おでかけ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://sunnyday10.jugem.jp/trackback/379