<< 江差ひな語り | main | こぎん教室展示会「こぎんの森」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
江差町歩き
北海道江差町の旅

3/26の北海道新幹線開通でさよならする特急「スーパー白鳥」に乗り、蟹田から一駅で最寄駅木古内に到着しちゃいます。




木古内からはバスで1時間位で日本海側にある江差町に到着します。

大きくて平たい島とオランダ船開陽丸がドーンとお出迎えします。




島の名前は「かもめ島」
上空から見るとかもめが飛んでいる姿に似ているのです。

とっても寒かったですが、来たからには登って見ました。
登り口には瓶子岩
江差の鰊漁伝説にまつわる岩です。

階段を少し登っただけですぐ到着



晴れていれば奥尻島や大島が見えるそう

「江差の5月は江戸にもない」と言われたほど、北前船がこの一帯に沢山いて活気があったのだと思うと、この景色も味わい深い。

神社に奉納された木製の絵

帆に付けられた線の数や特徴で船を見分けていたこと、乗組員が目印を掲げて漁の取れ高を報告している様子が絵に残されています。



コミュニティーカフェ「ちゃみせ」さんは3月中旬には営業開始!
側に連なる蔵をつないだトンネル。蔵に入るとフォトギャラリーになっていたり
町歩きはまるで探検のよう♪



いにしえ街道沿いの歴まち商店街には
当時の賑わいを感じさせる蔵が立ち並び昔の商家が残っています。

国指定重要文化財の中村家(左)
http://www.hokkaido-esashi.jp/modules/sightseeing/content0095.html


中はスタッフが詳しく紹介してくれます。


アイヌ刺繍と刺し子の長着
漁師たちも着用していたそう。


お昼のオススメはそば蔵「やまげん」さん

青森から
♪お嫁にいらした姉様〜がご夫婦でやっています。
ここにもお雛様


伊勢谷時計店
古い時計を蘇らせる達人の店
ちょうど直している途中の、蔵から出てきた古い外国製の時計を見せてもらいました。



「ひな語り」開催中の商店街
店先のお雛様を見ながらお店に立ち寄ると、町にまつわるいろんなお話が聞けて
こんな旅の仕方もあるんだと心踊りました。
駆け足で巡ったので、今度は夏の江差を訪れたいと思います。
その時は新幹線で(^-^)/

案内してくださった塗工房室谷さん
ありがとうございました!

塗工房2Fで開催したこぎん教室についてはこちらで
http://sunnyday10.jugem.jp/?eid=419


江差町歴まち商店街
http://esashi.sakura.ne.jp/rekimachiHP/info/イベント案内/江差・北前のひな語り〜歴まちのおひなさん〜/




| おでかけ | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
こんにちは♪お元気でしたか?
久々にブログ見て、懐かしい景色にびっくりしました〜
もう20年近く前、仕事で何度も江差に滞在していました。
歴まちも、ちょうど整備が始まった頃でした。
とても綺麗な街並みになっていて、懐かしい景色に感動しました。
姥神神社の元の宮司夫妻に大変お世話になっていました。
あの絵馬の話も、宮司さんから聞いた記憶があります。
今は、交流のある方も僅かになってしまいましたが。

また行く機会があれば、海辺に建つ繁次郎番屋はキャンプ気分で宿泊が出来て楽しかったですよ。
今もあるのかな?
繁次郎の像を作った方も、楽しい方でしたよ。

ご縁って本当に不思議ですね。最近しみじみ感じます。
ネットのお陰で、遠くにいても知り合いが繋がっていくのが、とても楽しいです。

またお会いする日を楽しみにしています!
| ikor | 2016/03/14 1:20 PM |
ikolさん
お久しぶりです!
江差によく行かれてたんですね〜
江差の風をお届けできてよかったです!
こぎん刺しをやっていたご縁で行くことができたり江差と、アイヌ刺繍作家のikolさんとがつながっていたなんてホントご縁を感じますね(^-^)/
| 三つ豆 | 2016/03/15 4:22 PM |
ikolさん
お久しぶりです!
江差によく行かれてたんですね〜
江差の風をお届けできてよかったです!
こぎん刺しをやっていたご縁で行くことができたり江差と、アイヌ刺繍作家のikolさんとがつながっていたなんてホントご縁を感じますね(^-^)/
| 三つ豆 | 2016/04/16 9:34 AM |









http://sunnyday10.jugem.jp/trackback/420